« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

閑話休題


Asakuranagato

ついに私も“人”になる時が!?(画像はイメージです)


は、ブログの更新が滞っている間、バーチャも1ヵ月近くやっておりませんでした。
では何をしていたかというと、前回のエントリーにも書きましたが、主に「信長の野望」です。
ちなみに、まだやってます。
織田の小せがれに朝廷が騙されて、あろうことか我々を朝敵呼ばわりしはじめたので、かなりあったまってしまいました!
可能ならば、織田もろとも朝廷も滅ぼしてやりたいところです。
システム上、無理なのですが。

とまあ、こんな感じで暫くバーチャから離れておった訳ですが、この前の土曜に、秋葉原GPなるものを観戦して再びモチベUP。
さらにカルティ華さんから嬉しいお誘いもありまして、今週は多めにバーチャしております!


で、なんか久しぶりにやったら、また傾奇者に上がれました!
わーわー!

……といっても、明らかにアオイ知らない風のウルフの人が、猛烈に連コしてきた結果ですが。

これは私もそうなのですが、段位と戦績が似ていると、つい連コしまくってしまいます。
今回のウルフの人もそうでした。
私も、何度そうやって段位を落としてきたことか。
しんみり。

……と、ここまでは昨日の話なのですが。
実は今日、初めて傾奇者のゲージがあと1ミリというところまでたまり、勝て昇がでました(イメージ画像参照)。
しかし、「ついに私も“人”になる時が!?」と思った瞬間にgdgdになり、そのままの勢いで3連敗。
ゲージ半分。
以前、駅まえさんから「傾奇者になってからが大変ですよ〜」と言われた意味が、ようやく判りました。。。(前に傾奇者に上がった時は、ゲージが一切増えることなく、同段連敗で降格したので)

この後、なんとか1試合取り返したところで終わったので良かったですが。
あのgdgdっぷりは、また今日ゾンビに戻ってもおかしくない状況でした。
引き際というものについて、真剣に考えたいところですね。
信長でいうところの“潰走(かいそう)”状態では、何をやっても身に付く(成長する)気がしません。

では。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

VFトレッキング部〜大山編(3)


ひさしぶりです!
ずいぶんと間が空いてしまいました。
申し訳ございません。

風邪で寝込んだり、ハンターになったり、読書不足の禁断症状が出たり、戦国大名になったり(←いまここ)してるうちに、更新のタイミングを見失っておりました。
プライベートと仕事の間くらいのことで忙しかったというのもありまして。。。

……今さらですが、登ったのって2月なんですねぇ。
当日の細かい記憶は、もう遥か忘却の彼方。
どうしようかなーと思っていたら、なんと痺れを切らしたあなごさんが大山登山物語を完結させてしまっていました。

なんだか素敵な動画もありますねぇ。。。
危うくニコ動にうpされるところでしたが、なんとかzoomeでガマンしていただけたようです。

しかし、おかげさまで当日の記憶がかなり甦りました。

では続きです!



スに揺られること30分。
早起きとここまでの移動で、既におやすみモードのVFトレッキング部 2nd Seasonの面々。
気がついたら山の中でした。

31

まずは準備運動。
雲竜型で大山入りです。



32

こんなのやったの、15年ぶりくらい。
つとむさんはまだ学生ですが。



33

まずは登山口まで、商店や宿が集まったアーケードが続きます。
石段を登りながら続く、こぢんまりとしたアーケードはなかなかの風情。



34



35

……ん?
なにやら階段に文字が。
『ケーブルカー乗り口まであと半分ガンバレ』



36

『クイズ 大山の別名は? こたえはこの先』
はっはっは、こやつ



37

民宿の表には、ケルビ(鹿)やブルファンゴ(猪)といったジビエの他、どうやら名物らしい豆腐料理の看板が。



38

このアーケード、けっこう長い。



39

そうそう。
前回の高尾山では、私のカメラをしきりにうらやましがっていたあなごさん。
今回の登山が決まった時点で、即カメラを購入していました。
ついでにトレッキングブーツも良いものを買ったらしく、「富士山にも登れる装備です」と嬉しそうにお話してくれました。
VFトレッキング部のみんなは、あなごさんのお話を聞くのが大好き。



310

「顔は隠すからでませんよ」と何度言っても、表情をつくるのをやめないあなごさん。
プロの役者魂をみた!(あなごさんはサラリーマンです)
ちなみにこれは、階段でスカートを押さえているのだそうです。



311

『ケーブルカー乗り口まで もうひと踏んばり』
ちょ!? クイズの答えは???



312

……と思ったら、ありましたー!
『大山の別名は 雨降山(あめふりさん・あめふりやま)』
あなごさんもつとむさんも嬉しそう!
まさかの遅らせ打撃に、テンション上がりっぱなしのVFトレッキング部 2nd Seasonでした。


つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

VFトレッキング部〜大山編(2)


の物語は……
ハイキングに出かけて健康になろうというVFトレッキング部 2nd Season(あなごさん、つとむさん、私)の3人が、力を合わせて冬の大山に挑むヒューマンドラマ(予定)である。


9:20am 古くから神奈川県民の信仰を集めてやまない霊峰・大山の麓、伊勢原駅到着。
まずは電車でずっと立ちっぱなしというアクシデントにより失った体力を回復すべく、朝マックを食す。
そういえば、新宿で既に“はなまるうどん”を食していたが、食べられる時に食べておかねば、後できっと後悔することになる。
極寒の冬山では、次、いつ食事にありつけるかなど判りはしないのだから(お弁当は12時すぎの予定)。



いて、駅の下にあるスーパーにて食糧を調達。
冬の大山から無事生還するために必要なカロリーを計算しつつ、さりとて重量による負担がかかりすぎないよう、各々慎重に商品を買い物カゴに入れていく。

以下、各メンバーの買い物カゴ。



修羅覇王お母さん(私)

21

・柿の葉寿司(6個入り)
・ガルボ
・帆立貝柱(干物)
・ミネラルウォーター



穴ゴさん

22

・ごはん
・お惣菜セット
・あんドーナツ
・ホルン
・ミネラルウォーター
・アクエリアス
・飲むヨーグルト
・フルーツジュース



つとむさん

23

・おにぎり×4
・濃厚カスタードシュークリーム
・クランキー
・いかあし醤油焼き
・黒烏龍茶
・ビタミンウォーター



……各々のチョイスについて、私が所見を述べるのは差し控えさせていただく。


「うわー、バッグに入りきらないっす!お母さん、ちょっと入れさせてください」

「だいたい、なんでそんな小さいバッグで来てんだよ」

「すいまえん」

「山をなめてますね」

「よし、じゃあ行きましょう!ズズゥ(シュークリームのクリームをすする音)」



を出ると、すぐにバス停を発見。
登山口までは、更にバスで30分ほどかかるのだ。

……と、ここでコンビニ発見。
そういえば、支給品のエヴァンゲリオンチョコ をまだ買っていなかった。
あぶないあぶない。


「えーっと、エヴァチョコは……」

「あ、エヴァの一番くじがありますよ」

「え、じゃあそれにしましょう!」

Evafig「えぇ!? もしこの大きいフィギュア(箱サイズ30cmくらい)が当たったらどうするんですか!」

「そりゃあ持ってくよ」

「リュックにもう入らないでしょ!?」

「だからいいんじゃないですか」

「私はアスカ派なんですよねぇ」


結局、私とあなごさんの2人だけが一番くじを引く(1回500円)。
当たった景品は、残念ながら2人とも、10cmくらいの箱に入った“ぷちえゔぁ”であった。
ひとまず開封は後でということで、バス停に急ぐ。


「あ、バスもう来てる!」

「急げ!」

「わーわー!」


つづく


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »