« VFトレッキング部〜高尾山編(1) | トップページ | VFトレッキング部〜高尾山編(3) »

2009年12月 8日 (火)

VFトレッキング部〜高尾山編(2)


この物語は……「高尾山に登りたいんだ」という見出しのエントリーを上げた私(エントリーの内容とは全く関係なし)、それに社交辞令で反応してしまった穴ゴさん、なんとなく訊いてみた「ローさんも登りませんか?」という問いかけに「あ、はい」と即答してしまったローさん、そんな3人が力を合わせて霊峰・高尾山の大自然に挑む姿を描いたヒューマンドラマです(予定)。



02

順風満帆と思われた我々の高尾山ハイキングでしたが、あなごさんが新宿のファーストキッチンからテイクアウトしたコーヒーの空きカップを捨てられない(高尾山口駅の周辺には、公共のゴミ箱が一切設置されていない)という、予期せぬアクシデントが・・・
仕方ないので、串焼きだんご(300円)を買うついでに、店のゴミ箱に捨ててもらうことに。

なぜかローさんもだんごを食べていました・・・

私めは・・・ガマンです。
醤油味でしょうか。じゅるり。



03

おそうじライライケン 「ここで一旦CM!」



04

「高尾山では、キッチン/ホールスタッフのアルバイトを募集中です!」



05

ここから本気だします。メガネをクイクイするあなごさん。
口癖は「あいつら山をなめてますね」
ちなみにリュックの中身はPSPのみ。



06

登山開始10分……親子連れ(前方の3人)についていけないVFトレッキング部。。。



俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!
修羅覇王お母さんの次回作にご期待ください!(まだ続きます)

|

« VFトレッキング部〜高尾山編(1) | トップページ | VFトレッキング部〜高尾山編(3) »

コメント

その団子美味しそう・・・
じゅる・・・

どうも穴ゴさんがツボです。
加工したお母さん、笑いを有難うです。

投稿: 華 | 2009年12月 8日 (火) 00時37分

無事下山できて何よりです。

どんどん標高を上げていき、
通信対戦がどの高度までできるかという企画でしょうか?

投稿: ヤーチケ | 2009年12月 8日 (火) 00時43分

>「あいつら山をなめてますね」
確かにラストの写真に写る右の人との装備の差が歴然ですね
ああ、後おそうじライライケンはたまに逆方向もお掃除します(ぉ

投稿: 雷々軒 | 2009年12月 8日 (火) 01時37分

駅前でゴミをどうするかで10分は悩みましたね~
わざわざ改札の中に戻ったりして・・・
あれは最大級の罠でした。
てか皆、山をなめてますよね。

投稿: 穴 | 2009年12月 8日 (火) 12時20分

■果たして何回まで引っ張ることになるのやら……


>華さん

他意はなかったのですが。。。
奇しくもあなごさんをネットアイドルに祭り上げることにw

写真はないですが、私は後で“串焼きごま団子”を美味しくいただきました。


>ヤーチケさん

通信というか、なんとなくまず電池がダメになるような気がします、が。
それを検証しはじめると、最終的にアルピニストにならざるを得ません!
よってそういう企画ではありませんw


>ライライさん

お、“ライライケンの七不思議”もしくは“ライライケン7だいひみつ”といったところでしょうか?
装備的には、“里帰りなのに妙に荷物の少ないお父さん”みたいな人たちが大勢いましたねー。


>あなごさん

まあでも、ゴミ箱を置かないことで、かえってゴミを誰も捨ててなかったような気がしますね。
我々は苦労しましたが、山がキレイなのはとても良いことです!

投稿: 修羅覇王お母さん | 2009年12月 9日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535924/46960951

この記事へのトラックバック一覧です: VFトレッキング部〜高尾山編(2):

» 完全限定、日本で166人だけ。プレミアム珈琲専門サイト/山口珈琲店 [プレミアム珈琲/山口珈琲店]
官能の吐息がもれる珈琲を、一度は飲んでみてほしい。これが本当のプレミアム。 [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 01時58分

« VFトレッキング部〜高尾山編(1) | トップページ | VFトレッキング部〜高尾山編(3) »